同窓会会長挨拶               

        
                                     垣花シゲ(1973年 1期卒業)
    
 春風が心地よい上原キャンパスのこの頃ですが、会員の皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。日頃は琉球大学医学部保健学科同窓会へ一方ならぬご協力を賜り誠に有難うございます。
 第6代目会長を務めることになりました琉球大学医学部保健学科基礎看護学講座教授の垣花シゲでございます。就任してから初めての同窓会長挨拶を、3月19日の琉球大学医学部保健学研究科・保健学科謝恩会で述べる機会をいただきました。華やいだ雰囲気のなかで修了生・卒業生へ花向けのスピーチをさせていただき、すばらしい日でした。
 保健学科同窓会は、前身の保健学部保健学科同窓会が1977年に那覇市与儀キャンパスで発足しました。保健学部から医学部への改組に伴い、1985年医学部保健学科同窓会として新たにスタートし、2010年には創立25周年記念式典が盛大に挙行されました。2015年3月19日現在の会員は961名(正会員855名、賛助会員6名)です。会の目的は、発足当初から_餔相互の親睦を図り、会員相互の連携につとめ、J擦擦椴圧綢膤悵絣愽保健学研究科・保健学科の発展に寄与することです。毎年、総会には保健学にゆかりのある諸先輩方をお招きして御講演をお願いいたしております。
 2015年は創立30周年の節目にあたります。社会の変遷はスピードを増し、保健学研究科・保健学科卒業生の社会的役割もさらに広がってきております。
これからも同窓生の親睦交流、母校の支援等を柱に充実した会運営に努めてまいる所存でございます。
 会員皆様のますますのご健勝、ご活躍を祈念いたします。


同窓会について